電話番号

営業時間:
09:00~17:30
定休日:
毎週水曜日

フジケンマンションセンター所沢本社 > 株式会社富士建設工業フジケンマンションセンター 所沢本社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の追い焚き機能は必要?メリットとデメリットを解説

賃貸物件の追い焚き機能は必要?メリットとデメリットを解説

賃貸物件の追い焚き機能は必要?メリットとデメリットを解説

家族や女性の一人暮らしなどは、追い焚き機能付きの賃貸物件を求めるケースが増えています。
お湯に浸かることで体の疲れも取れ、リラックスできるのが入浴のメリットです。
帰宅時間がバラバラの家族にとって、冷めてもボタン一つですぐにお湯を温められる機能は便利なものでしょう。
便利な追い焚き機能ですがデメリットはあるのでしょうか?
また、ガス代の節約にはつながるのでしょうか?

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に追い焚き機能がついているメリット

追い焚き機能のメリットは、いつでもすぐにあたたかい湯船に入れることです。
機能はさまざまですが、設定温度を一定時間キープするものや、お湯の量が減った場合に自動でお湯を足してくれるものなどもあり、賃貸物件でも便利にお風呂を利用できる点がメリットです。
お湯に浸かるのは、体のコリがほぐれる、血行がよくなるなど、健康面においてもメリットがいろいろあります。
精神的にもリラックスでき、簡単にお湯に入れる追い焚き機能は快適な暮らしをサポートしてくれるものです。
また、翌日も温めてお湯を利用することができるので、水道代の節約にもなります。

賃貸物件に追い焚き機能がついているデメリット

その日のうちに冷めてしまったお風呂の水を温めるのは良いのですが、翌日にも使うのは、衛生的によくありません。
入浴後のお湯には雑菌が繁殖し、一晩置くと雑菌は増殖します。
そのお湯に入るのは、雑菌を体に付着させてしまうことになります。
入浴剤の使用に注意が必要な点もデメリットの一つです。
入浴剤の成分によっては風呂釜のフィルターを詰まらせてしまうことがあるので、こまめな掃除をしなければなりません。

賃貸物件の追い焚き機能のガス代

すっかり冷めてしまった場合に追い焚きをする場合は、お湯を入れ替えた場合と比べると、水道水のほうが温度が高い分、ガス代も高くなります。
しかし、少しでもあたたかいお湯を追い焚きすれば、最初から入れ替えるよりもガス代は安くなります。
お湯を入れ替える場合は水道代が高くなるので、水道代とセットで考えた場合、追い焚き機能があったほうが光熱費の節約になります。
少しでもお湯が冷めないように、フタを利用したり、家族であれば時間をあけずにお風呂を利用したりするなどすれば、よりガス代の節約が可能です。

賃貸物件に追い焚き機能がついているデメリット

まとめ

追い焚き機能は冷めてしまったお湯をすぐに温めることができ、水道代の節約にもなります。
水温次第ではガス代の節約にもなります。
ただし、衛生面においては注意が必要なので、翌日は改めて新しいお湯を張ったほうが良いでしょう。
私たちフジケンは、所沢を中心に多数の不動産を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|所沢市の防災対策をチェック!ハザードマップなど役立つ情報もご紹介   記事一覧   所沢市にあるおすすめのスポット「トトロの森」を解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約