電話番号

営業時間:
09:00~17:30
定休日:
毎週水曜日

フジケンマンションセンター所沢本社 > 株式会社富士建設工業フジケンマンションセンター 所沢本社のスタッフブログ記事一覧 > バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットについてご紹介

バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットについてご紹介

バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットについてご紹介

賃貸物件を探す際に「バス・トイレ別」を条件にあげる方もいるでしょう。
ただ、バス・トイレ別の物件にはデメリットもあるので、メリットと比較しながら必要性を考えたほうが良いかもしれません。
そこで今回は、賃貸物件への入居や転居を検討している方に向けて、バス・トイレ別の物件のメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

バス・トイレ別の賃貸物件にはメリットがたくさん!

バス・トイレ別とは、バスとトイレが独立しているタイプの部屋のことです。
大きなメリットは、洗い場があることでしょう。
浴槽にお湯をためたまま体を洗えるので、洗い終わったあともすぐお湯に浸かれます。
また、トイレの床やトイレットペーパーが濡れる心配がなく、いつでも快適に使えます。
シャンプーや掃除用具など、それぞれに必要なグッズの収納場所を確保しやすいこともメリットです。

バス・トイレ別の賃貸物件を選ぶ際はデメリットにも注意!

バス・トイレ別の部屋にはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。
まず考えられるのは、部屋が狭くなってしまうことです。
賃貸物件の専有面積には、居室のほかにもキッチンや収納、バスやトイレが含まれます。
バス・トイレ別だとそれぞれに面積が必要になるため、その分居室などが狭くなってしまうかもしれません。
また、掃除の手間が増えることもデメリットの一つでしょう。
水回りは汚れやすく、カビも発生するため、こまめな掃除が必要です。
汚れがひどいと、退去の際にクリーニング費用を請求される可能性もあるので注意しましょう。

バス・トイレ別の賃貸物件を検討する際は家賃にも注意が必要!

賃貸物件でバス・トイレ別の部屋を希望する場合は、デメリットとともに家賃にも注意が必要です。
バス・トイレ別の賃貸物件は、家賃が高めに設定されていることも多いからです。
家賃を予算内に収めるためには、他の条件を妥協する必要が生じるかもしれません。
それでもバス・トイレ別の部屋を希望する場合は、「駅からの距離」や「部屋の広さ」など、他の希望条件を妥協したり優先順位の低い条件を削ったりしながら調整しましょう。
賃貸物件で安心して暮らすためには、家賃を無理なく支払える物件を選ぶことも大切なポイントです。

バス・トイレ別の賃貸物件を検討する際は家賃にも注意が必要!

まとめ

バス・トイレ別の賃貸物件には、いろいろなメリットがあります。
ただしデメリットもあるので、メリットと比較しながら希望するかどうか検討しましょう。
家賃も高めだと考えられるため、希望条件を調整するなど、予算を超えないように工夫することをおすすめします。
私たちフジケンは、所沢を中心に多数の不動産を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の方角とは?向きによる違いや特徴などをご紹介!   記事一覧

トップへ戻る

来店予約