電話番号

営業時間:
09:00~17:30
定休日:
毎週水曜日

フジケンマンションセンター所沢本社 > 株式会社富士建設工業フジケンマンションセンター 所沢本社のスタッフブログ記事一覧 > 二人暮らしにおすすめの間取りとは?生活スタイル別に解説

二人暮らしにおすすめの間取りとは?生活スタイル別に解説

二人暮らしにおすすめの間取りとは?生活スタイル別に解説

同棲や結婚など、二人暮らしを考え始めるとどんなお部屋が良いか迷ってしまうかもしれません。
二人暮らしの場合、生活リズムやお互いの性格によって、最適な間取りが異なってくるという特徴があります。
今回は二人暮らしにおすすめの間取りを、3つのパターン別にご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

二人暮らしの間取り!パターン①生活空間が同室

まず、生活空間を同室にしたいパターンです。
生活空間が同室とは、ダイニング、リビング、寝室などの生活空間を完全に2人で共有するスタイルです。

●できるだけ一緒にいたい
●生活リズムが近い(勤務時間帯や寝起きの時間など)


などのカップルにおすすめできます。
このパターンにもっともおすすめな間取りが、1LDKです。
リビングダイニングにもう1室ある間取りですが、リビングダイニングにダイニングテーブルとソファなどを、同時に置けることがメリットとなります。
リビング部分のない1DKの間取りもありますが、1人の空間がほしいと思っても叶えられず窮屈さを感じるかもしれません。
しかし、同程度の築年数や立地の1LDKに比べると家賃がお手頃、というメリットがあります。

二人暮らしの間取り!パターン②生活空間が別室

2つめは、生活空間を別室にしたいパターンです。

●お互いに1人の時間も確保したい
●生活リズムが異なる(どちらかに夜勤があるなど)
●リモートワークをしている


などのカップルが、別室に向いているといえます。
このパターンにおすすめなのが、2DK、2LDKの間取りです。
ダイニングやリビングダイニングの他に2部屋あるため、それぞれの個室として使える、寝室以外に使える、という点がメリットとなります。
2DKの場合はリビング部分がありませんが、ダイニングと隣の部屋の仕切りが外せればリビングダイニングと同じように使えるうえ、2LDKより家賃を抑えられるというメリットがあります。

二人暮らしの間取り!パターン③子どもが生まれることを想定

3つめは、子どもが生まれることを想定したパターンです。
子どもを希望しているカップルであれば、始めからそのことを想定した間取りのほうが良いでしょう。
このときにおすすめなのが、2LDKや3LDKの間取りです。
二人暮らしのときにはそれぞれの個室として使い、出産後は子ども部屋に変えるなど、間取りの自由度が高いことがメリットです。
部屋の面積が広がるぶん、家賃は高めになります。

二人暮らしの間取り!パターン③子どもが生まれることを想定

まとめ

今回は二人暮らしに最適な間取りについて、同室・別室・子どもが生まれたらという3つのパターン別に解説しました。
おふたりの生活スタイルによって、暮らしやすい間取りは異なります。
どんな暮らしにしたいのか、よく話し合ってお部屋を選んでくださいね。
私たちフジケンは、所沢を中心に多数の不動産を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットについてご紹介   記事一覧   賃貸物件に浴室乾燥機は必要?メリットや種類を解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約